サロン開業支援 TAKARA BELMONT

理容室・美容室の独立・開業>をご検討の方へ

無料 全国最寄>りのショールームにて個別開業相談受付中!

TEL 0120-449-114

受付時間:平日10:00~18:00

WEBからのお申し込みはこちら

事業計画とは?

開業への第一歩

事業計画とは、サロンの開業に向けて、夢を実現する為に具体的に実行する計画のこと。自分の考えをまずは“事業計画書”としてまとめ、そして夢を実現するために、金融機関や仲間になるスタッフ、協力業者等多くの第三者に「自分のイメージするサロン」を理解していただく必要があります。
それができれば、金融機関担当者に納得いただき、融資を可能にし、サロン成功への道につながっていくことでしょう。

1なぜ事業計画書は必要か?

1)「頭の中を整理」するため

「こんなサロンにしたい!」。今、皆さんの頭の中には、たくさんのアイデアやプランが詰まっていることと思います。まずはそれを書き出して、目に見える形にしましょう。そうすることで実現に向けて何をしなければいけないかが明確になり、成功確率がぐっと高まります。

2)「第3者に説明」するため「事業内容を理解してもらい、力を貸してもらう」ため

開業するためには、当然様々な人たちの協力が必要になります。支援者やスタッフ予定の方、融資担当者は当然あなたの計画を全く知りません。事業計画はその彼らに協力を要請する説得材料として活用します。

3)開業後の現状把握、軌道修正を行うため

開業した後にも事業計画は重要な役割を果たします。開業前に立てた計画と比べて、今の経営状態はどうか、現状を把握する指標になり、また計画自体を見直し、早めに軌道修正を行うことで、目標達成に近づくことができます。

2事業計画に必要なポイント

事業計画を作成するに当たり、何を考えなければならないか?

サロンコンセプト

まず最初に考えなければならないのがサロンコンセプトです。これがお客様とスタッフに対する明確なメッセージとなります。難しく考える必要はありません。皆さんのサロンへの「想い」をメッセージとし、誰に、何を、どういった形で届けたいかを考えれば、自然と見えてくるはずです。それが魅力的なサロンづくりの最初の一歩となります。

数値計画

売上計画

集客計画

経費・収支予測

次にサロンコンセプトを基に、運営の基盤となる数値計画(売上計画、集客計画、経費・収支予測など)を立てましょう。中でも最も重要なのは売上計画です。客単価や客数など具体的な数字から算出し、例えば1年後にどれくらいの売上をあげることができるか、予測を立てます。その根拠となる集客計画も事前にしっかりと立てましょう。また収支予測を基に、損益分岐点や回収年数なども事前に計画しておきましょう。

事業計画書フォーマットを活用して、
計画をまとめてみましょう!

事業計画書フォーマット

3心配ご無用。事業計画を一緒に作りましょう!

「やっぱりどこからはじめていいのか…」全て一人でやるのはとても大変ですよね。上の項目も、普段は目にしないものばかりです。しかし、事業計画書はこれから独立するための大切な計画表。苦手だからといって避けて通ることはできないプロセスの1つです。まず、心を落ち着けて自分のサロンをイメージしてください。

そのサロンはどこにありますか?

どんなお客様がいらっしゃってますか?

どのような内装になっていますか?

スタッフは何人いますか?

そのイメージを教えてください。私たちと一緒に事業計画をまとめてみましょう。あなたのサロンが具体的になってきて、何をしなければならないのか、課題が明確になってきます。一緒に成功確立を高める事業計画書を作成しましょう。

新規独立開業セミナー好評開催中!

出店計画I出店計画I

出店計画II出店計画II

「事業計画って、何をどうすればいいのか分からない…」大丈夫です。タカラベルモントにお任せください。専任の担当者がマンツーマンでお応えします。

無料 全国最寄>りのショールームにて個別開業相談受付中!

TEL 0120-449-114

受付時間:平日10:00~18:00

WEBからのお申し込みはこちら